ちりり・きらり・シフォン・ラズリ   日々つれづれ

でかトイ?プー、ちりり君と猫のきらり君&シフォンちゃん&ラズリ君 飼い主REIKIの日記。ペット&雑貨カフェ「ちりきら☆ROOM」のオーナーです。 よろしく☆

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 日常のつれづれ » TITLE … 【お葬式】ももとのお別れの儀式

【お葬式】ももとのお別れの儀式

一週間の出張にきています


ももがいなくなってしょげている母が心配でしたが・・・ 
母の心はちりりに慰めてもらおうと思っています

これからは、私が朝散歩、母が仕事の帰りにうちによって、
夕方のちりり散歩を担当しようか、という話をしていたところです

まだ、どうなるかはわかりませんけどね・・・・・
ちりりがいてくれて、本当に良かった、と思っています


今夜は、続きはももとのお別れ会のことですので、ももの最後の写真があります。


遺体がみれない方は進まないで下さい


もっとも眠ってるようにしかみえないのですがね


ももの最後に、立ち会えると言って下さる方はお進みください
ご無理はもうしません。
けっこう長いですよ。 ちょっと涙もろい方は、ハンカチをご準備くださいませ


そうでない方は、愛らしいちりり写真で今日は勘弁して下さいね


K_20100805215929.jpg


web拍手 by FC2

****** ▼ 続きまで見てくれてありがとう ▼ ******

7月31日・・・ 午後一番。 
午前中に連絡するね、といっていた母から連絡がなかったので、
なんだか虫の知らせがあって12時頃電話をしたんですね

母がちょうどシャワーを浴びていたらしく、電話に出なかったのですが・・・

私が、その電話をかけたまさにその頃、ももは虹の橋を渡ったようです。

みんなで見送ってやろうと待機していたのに・・・
みんなに心配をかけたくなかったのかもしれません・・・
最後まで、手のかからない犬、でした・・・・


母が迎えに来てくれ、ちりりをつれて、ももに会いに行きました。

深夜にももに会いに来ていたんですね。
そのときが私たちがももに会えた最後となりました。



逝った直後に、母はももの体を綺麗に洗ってやって寝せてやっていたとのこと。


でも、ももは、まだ暖かく、柔らかくて・・・まるで本当に眠っているようでした

A_20100805213037.jpg


蝉の声に包まれて・・・・ こんなに、いい天気でした。

b_20100805213120.jpg


母が、事前に調べていたペット葬儀社と連絡をしている間、
悲しがっている子供達と、これからももが行く天国について話している所です


c_20100805213234.jpg


ももは、体は無くなるけど、焼くときの煙と一緒に魂がお空の上のうえにある天国へ行って、
お星様になって、いつも見てるんだよ? というような話をしています

天国は、たくさんのお友達がいて、ももの足も治ってて、
お腹も空かないで、たくさんたくさん走り回っていっぱい遊べることなども話してやりました

だから、私たちは寂しいけど、ももにバイバイって言わないとね・・・

などと子供達に聞かせているこちらが、そう言うことによって癒されていた気がします


程なくして葬儀屋さんが来てくれました
簡単ではありますが、祭壇を作ってくれてお経を読んでくれ、
お線香を上げて、みんなでお別れをいいます

d_20100805213709.jpg

母や子供達の後、ちりりと一緒にお別れをいいました

e_20100805214036.jpg


これが冬なら、一晩我が家においてやって、お通夜をしてあげたかったのですが、
いかんせん、猛暑。真夏日なので、ソレは叶いません。

一晩、葬儀屋さんで預かっていただくことになりました
<大型冷蔵庫、ですね

f_20100805214249.jpg

3人の子供達は、ここで最後のお別れです

ももが持っている折り紙達は、子供達3人がももに、と折ったものや、
ももへのお手紙なんですよ。
これをもって、ももは天国へ行くことになりました。

上の子は、多感な年頃なのでしょう、あまり近づけなかったのですが、
下の子2人は一生懸命に、ばいばい、と、ももの頭を撫でてくれ、
そして、ももが載せられた車の窓から、必死にのぞき込んで手を振り続けていました


そういうのを見ていると、こっちが泣けてきます・・・・・・
。・゚・(ノД`)・゚・。


ももの乗った車を見送った後、
私たちは家に帰って、ゆなちゃんファミリーと遊んでもらうのですが
(家にいたら、悲しいじゃん!) ソレについてはまたこんど、ゆっくり・・・・・



次の日、早朝。 ちりりをつれて、実家へ。
早いので、ちりりもかなり、眠そうです・・・。

G_20100805215107.jpg


業者さんも、ももを最後に家に連れてきてくれました。
もも、13年間過ごしたおうちとこれでさようならですね。


この後、火葬するところへ移動します。
大型犬は、どこででも焼くことが出来ないんですね。
大型の炉がある所は、高速道路も使って30分ほど行ったところでした。



母も、私も、ちりりも、ここで最後のお別れとなりました
13年間で、ももをいちばんかわいがった母、一番辛いと思います

J_20100805220944.jpg



真ん中の子が、さいごにももにお手紙を書いてくれていましたので、
これもももに持たせてやって・・・

h_20100805215517.jpg


正真正銘、これが、ももの、最後の写真になります
もものイメージで、桃色のお花を葬儀屋さんがサービスで準備してくれていました

I_20100805220931.jpg


安らかな顔です・・・・

もも、さようなら・・・・・

こうして、遺体は炉の中へと入っていきました・・・・・・

L_20100805222439.jpg



火葬している間、横にあるドッグラン施設でちりりは元気に遊んでいましたよ

M_20100805223159.jpg

ものすごいハイジャンプを披露してくれたり、
大型犬用のアジリティーに駆け上ったりと楽しんでいました

N_20100805223210.jpg


この、嬉しそうな顔!ったらないですね



その姿に、癒され・・・・・
この子と別れなければいけない、その瞬間まで、
出来る限り、この子を幸せにしてあげよう、と心に誓いました。

近いうちに、ちりりとのアジリティーを再開するつもりです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ももの骨を拾ってからのことは、また家に帰っての更新とします

長い記事に最後までつきあって下さってありがとうございます
ももも、きっと喜んでいると思います



きょうは、虹のはし、を用意しました

にほんブログ村 犬ブログ デカプーへ
にほんブログ村

拍手と共に、よろしかったら、ももに、おしてやって下さい。。。。。




関連記事

テーマ:デカプー★ - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

NO TITLE

REIKIさんこんばんわ

ももちゃんとっても安らかなお顔・・・
幸せいっぱいの13年間だったと思います
心よりご冥福をお祈りいたします

わんちゃんの時間て本当に尊いものですよね
そして飼い主の過ごし方対応しだいで
生き方も違ってしまう・・・
そう思うと毎日大切にしないとって
あらためて感じました
いつかくるお別れのときに
後悔が少しでもないように
大切にしようって思います

ももちゃんのお別れをご報告してくださって
ありがとうございます
お母様の心の中
ぽっかりあいちゃったでしょうね
そのことを思うと涙がでてきます
どうかREIKIさん慰めてさしあげてくださいね

NO TITLE

REIKIさん、ちりりくん、こんにちは。

ももちゃん、とってもいい顔でした。
きっと、大満足な一生だったんだろうなと思いました。
私は今まで何匹ものわんこを見送ってきましたが、
一度も看取れたことがありません。
私が学校に行っている間・寝ている間に、いつの間にやら・・・ってコトばかりです。
そのたび、「この子は家族のことを思って、一人で逝ってしまったんだろうか・・・」と思っていました。
人間の勝手な解釈かもしれないけど、でも、ももちゃんの表情は幸せそのものです。
ももちゃん、天国で元気に走り回ってね。
そして、REIKIさん・ちりりくん・REIKIさんお母さんたちを見守っていてください。

ここで、ちょっと報告です。
ついに、引越しが現実味を帯びてまいりました。
つまり、わんこが迎えれるということであります!
まだまだ仮契約段階なので、確定ではないけど、上手くいけば10月頃にはお引越し、年内にはわんこを迎えれるかもです。

今回、ももちゃんの話を聞いて、わんこの命は人間よりはるかに短い・・・。
ということを、改めて考えさせられました。
悲しい思いをしたくないからペットは飼わないという人もいますよね。
確かに、私もわんこと別れるのは嫌です。
でも、それでも、短いわんこの人生を少しでも幸せにしてあげることができればと思います。
私が幸せにする以上に、わんこはたくさん幸せにしてくれます。
まだ見ぬわが子ですが、愛情をいっぱい注ごうと思います!!

長くなってすいません。。。

合掌

先日は大変な時にメールをしてしまい申し訳ありませんでした
深く反省しております
ももちゃんは安らかなお顔していますね、周りの方達の深い愛情の元で
旅立った事が伝わって来ました

お久しぶりです

REIKIさんに悲しいお知らせが。
うちの子、チワワが心臓病で亡くなりました。食欲はかなりあったので、何も気にしていなかったんですが、私が仕事行ってる間に様態が急変し、母が病気に連れて行ったら心臓病で。もう手の施しようがなく、薬が効かなくなったらお別れだと思ってくださいとお医者に言われたようで。
それから一週間後には固くなっていました。泣きながら沢山なでてあげてました。うちに来て幸せだったのかな?楽しく過ごせたのかな?って。もっとちゃんとみてあげてたらよかったと後悔しています。
火葬を済ませ、骨を持って帰ってきました。
お別れは辛いです。

HITOさん

暖かいコメント嬉しいです
母に読ませました 涙ぐんでいました

ワンコの時間と、人の時間は6倍の差がありますよね
そう思うと、1分でも、1秒でも、ワンコに尽くしてあげたくなりました

ちりりが、今後精一杯幸せに生きられるように
全力を尽くしたいと思います

ありがとうございました

Re: NO TITLE

もも、苦しまずにいけたんだろうか・・・と
いまでも考えてしまいます
最後についてあげられなかったことが心残りですが、
ももは、手をかけずに逝ったんですよね・・・・ そう思うことにします


ワンコライフ!!!
そうなんですね!!!!!!

今から、ワクワク、楽しみですね。どんな子がくるんでしょうか?
子犬ちゃんしつけで、困ったときは御相談ください

人の6倍の速さで生きるワンちゃん達、
大切にしてあげたいと思います

TERUさん

いえいえ、とんでもありませんよ
ただ、タイミングがあわなかっただけですから気にしないでくださいね

むしろ、お声がけほんとうに嬉しいです

まだ海にいらっしゃってますか?
近くですし、是非是非、遊んでやって下さいね!!!!
海にはしょっちゅう散歩に行っています

これからもよろしくお願いします

フッシーさん

ええええええ
それは・・・・

お互い、とても辛い思いでしたね

ももとちがってチワちゃんまだ若かったですよね?
うちは、かなり覚悟してそのときを待ちましたが・・・
おつらいお気持ち、心よりお察しします

チワちゃん、愛されるご家庭にいたんですもの
ぜったいに幸せだったと思います

お互い辛いですが、頑張って乗り越えましょうね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう