ちりり・きらり・シフォン・ラズリ   日々つれづれ

でかトイ?プー、ちりり君と猫のきらり君&シフォンちゃん&ラズリ君 飼い主REIKIの日記。ペット&雑貨カフェ「ちりきら☆ROOM」のオーナーです。 よろしく☆

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 日常のつれづれ » TITLE … 【重要】 One Action for Animals

【重要】 One Action for Animals

ここをご覧のペット好きの方々へお願いがございます

皆さん、【パブリックコメント】をご存じでしょうか。


環境省が「動物取扱業の適正化」について、
パブリックコメント(国民の意見)を求めています。

その期間は2011年7月28日(木)~8月27日(土)までの1ケ月間。
あとちょっとしかありません。

小さな命のために、ほんの少しお時間をください。
そして、下記URLに是非飛んで、読んでくださいませんか?

【パブリックコメントについて】
https://sites.google.com/site/1action4animals/


前回は、業者票9500票に対して、一般票はたった200票で
真に意義のある動物愛護管理法の改正ができなかったそうです。


私は、ちりりを劣悪ペットショップから迎えました
バーゲンされていたんです
私の所に来なかったら、ちりりはどうなっていたのだろうと思うと
背筋が凍る思いです

きらちゃんだって、保健所に連れて行かれていたら・・・・・
今頃・・・・・

この子達は強運だったんだと思います


どうか、1匹でも多くのワンニャンが幸せに暮らせますように・・・。
皆様のご意見を国に届けましょう!!!
私も出しました!


SIMGP3389.jpg



にほんブログ村 犬ブログ デカプーへ
にほんブログ村
関連記事
web拍手 by FC2

テーマ:わんことにゃんこ - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

NO TITLE

先ほど、
環境省の「動物取扱業の適正化」について、
パブリックコメント(国民の意見)宛、メールいたしました。

                          平成23年8月21日
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 御中

「動物取扱業の適正化について(案)」への意見

氏名: ** **
住所:〒 804-****
TEL:093-871-****
E-mail:*****@********


「動物取扱業の適正化について(案)」の各論に関して、下記の通り考えます。

(1)深夜の生体展示規制
意見:午後8時以降の販売禁止に賛成
理由:幼児の長時間展示により十分な睡眠・休養がとれず生体の健康保全の点で
問題がある。

(2)移動販売
意見:移動販売の禁止に賛成。
理由:輸送など生体の健康管理の点で不適切な販売方法のため

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化
意見:義務化に賛成
理由:適切な飼育の説明責任がある。トラブル防止のため

(4)犬猫オークション市場(せり市)
意見:監視強化に賛成
理由:せり市を仕切る業者・出入り業者ともに動物取扱業として登録すべき。トレーサビリティーの点からも現行の不透明な商取引は問題である

(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
意見:8週齢(56 日齢)に賛成 
理由:社会化の欠如による問題行動(噛み癖、無駄吠え)で飼育放棄されないためにも、最低8週齢までは親兄弟といるのが望ましい。

(6)犬猫の繁殖制限措置
意見:繁殖回数及び間隔は規制するに賛成
理由:事業者による自主規制では、全く改善が望めないため規制は必要

(7)飼養施設の適正化
意見:数値基準の規制に賛成
理由:劣悪なパピーミルを排除するためにも明確な基準が必要なため

(8)動物取扱業の業種追加の検討
①動物の死体火葬・埋葬業者
②両生類・魚類販売業者
③老犬・老猫ホーム
④動物の愛護を目的とする団体
⑤教育・公共目的の団体
意見:①~⑤の全ての業種に追加すべき
理由:規制・監督の下で、適切に運用されることが望ましいため

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
意見:登録拒否・取消しができるに賛成
理由:法令違反した業者は登録を抹消されるべき

(10)登録取消の運用の強化
意見:運用の強化に賛成
理由:罰則を強化。多頭飼育崩壊を避けるため、取り消し勧告を設定。一定期間後に業の廃止を規定。

(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
意見:適用除外に反対
理由:取扱い業に関わる面があることから適切な飼育のためにも除外すべきではない。

(12)動物取扱責任者研修の緩和
意見:緩和に反対
理由:いずれの業種も取扱い業との関わりを持つ施設であるため

(13)販売時説明義務の緩和
意見:緩和に反対
理由:特性・飼育方法の説明は全ての動物に必要

(14)許可制の検討
意見:許可制に賛成
理由:対価を得て、不特定多数と取引を行う業者は許可制にすべき。公益性の高い事業は免除項目の検討も必要。

以上


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう